自分磨き

【比較】退職代行サービスとは?おすすめ業者5社を比較!

近年、話題になってるのが退職代行サービス

2018年にニュース等で取り上げられ、注目されています。

退職代行サービス

依頼者の退職の意思を代行して会社に伝えること。退職支援サービスの一つ。

 

退職の意思を伝えるのは、精神的にもパワーを使います。

ヴァルボア
私も2回経験がありますが、かなりパワー使いました。

 

また、会社からの嫌がらせや引き留め、パワハラでなかなか辞めれないという状況の解決策としても利用されています。

 

今回はその退職代行サービスについて、選ぶ際の注意点とおすすめ業者を紹介します。

 

 

【あわせて読みたい関連記事】

30代で転職を成功させるポイントは~2度の転職体験者の話~

続きを見る

退職代行サービスを選ぶときの注意点

1.運営元

今や退職代行サービス業者は、全国各地にいくつも存在します。

そのなかには、悪徳業者や弁護士法に抵触している違法業者も。(2.サービスの範囲で説明。)

 

この点は、十分注意しときましょう。

運営元が弁護士事務所や労働組合、許可を得た合同会社であるかの確認が必要です。

一般会社がこのサービスを行うことはできません。

 

また、代行しますと言って、実際は会社に伝えないで報酬だけを請求する悪徳業者もいます。

HPや口コミなどで十分リサーチしましょう。

 

2.サービス範囲

退職代行サービスとは、代行業者が「退職の意思を伝えるだけ」のサービスです。

示談の交渉や退職手続きなど、弁護士の業務である法律業務を資格のない者が行うことはできません

 

利用を考えている人は、「何を代行してほしいのか。」をはっきりさせる必要があります。

そして自分の状況に合った(自分の抱えている問題を解決してくれる)業者を選ぶことが大切です。

 

退職の意思を伝えてもらうだけなら、労働組合などが運営元の退職代行業者で大丈夫です。

しかし、退職時の交渉や手続きも頼みたい場合は、必ず弁護士か弁護士事務所が運営元の業者を選びましょう。

※顧問弁護士がいる・弁護士の指導を受けていますというだけでは、実際代行する人は無資格の人だったりします。弁護士が関わっているのは間違いありませんが、依頼する内容が交渉を含む場合はやはり弁護士が直接行う業者を選びましょう。

 

ココに注意

  • 代行業者ができるのは「退職意思の伝達だけ]
  • 会社との各種交渉ができるのは弁護士
  • 退職に関する法律相談も弁護士のみできる

退職代行サービスおすすめ業者5選

1.退職代行NEXT

おすすめポイント

  • 法律事務所が運営元
  • 専任の弁護士が対応
  • 相談は無料

法律事務所がサポートする退職代行サービスNEXT

料金は、30,000円(税抜)。退職できなかった場合は、返金。※一定の条件下

 

専任の弁護士による対応などで、各交渉まで依頼することができます。※別途成功報酬あり

 

24時間以内の対応や相談は無料など対応サービスも充実しています。

詳しくはコチラ

 

2.reターン退職

おすすめポイント

  • 転職活動と連携できる
  • 弁護士が対応
  • 一定条件下でキャッシュバックあり

2つ目は、reターン退職

 

特徴は、転職支援サービス(reフレッシュ転職)と連携しているところ

退職代行サービスのみだと30,000円(税抜)ですが、転職支援セットプランならキャッシュバック制度あり。

 

弁護士による対応でこちらも各交渉等を依頼することができます。

詳しくはコチラ

 

3.退職コンシェルジュ

ポイント

  • 顧問弁護士の簡易相談
  • 返金保証あり
  • 2000件の実績

労働組合が運営する退職コンシェルジュ

こちらは顧問税理士を置いている労働組合方式の運営会社です。

 

顧問弁護士にも簡易相談ができるという形ですので、会社と交渉等を考えている方は注意が必要です。

2000件の実績は〇。

詳しくはコチラ

 

4.退職代行ガーディアン

おすすめポイント

  • 労働委員会認証の法適合法人
  • 手軽に依頼できる

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合、退職代行ガーディアン

 

価格は一律29,800円(正職員・アルバイト・パート)。

LINEでのやり取りも可能で、退職が完了するまで、電話・LINEにて回数無制限で対応してくれます。

 

HPでは、悪徳業者に引っかからないための注意喚起、特集記事の掲載なども行っており業界の健全化に努めています。

詳しくはコチラ

 

もきゅ
詳しくはHPで確認してね♪

 

5.男の退職代行

おすすめポイント

  • 創業15年
  • 祝い金や返金保証あり
  • 日本退職代行協会の特級認定

最後は、男の退職代行。女性版のわたしNEXTもあり。

 

創業15年という信頼と安心が特徴。

価格は、正職員29,800円、アルバイト・パートは19,800円。(税込)

 

日本退職代行協会の特級認定も受けています。

詳しくはコチラ

 

退職代行サービスのメリット

1.上司に会わずに辞められる

意思の伝達を代行業者が行い、書類も郵送でのやり取りで済むので、上司や役員に会わずに辞めることができます。

特に、パワハラ等の理由により退職を決めた人にとっては最大のメリットとも言えます。

 

もきゅ
自分で言うのがストレスでなかなか退職の判断をつけれない人たちにとっては、決断を後押しするサービスだね♪

2.脅しや訴えられる心配がない

法律でも、労働契約に違約金や損害賠償を定めることは禁止されています。

 

しかし、会社によっては「訴える!」などど脅しをしてくる会社も存在します。

自分1人では、このような場合に適切に対処できない場合もありますが、代行サービスを利用すると相談や助言をもらうことも可能です。

 

代行業者が介入していると、会社側も不当な脅しや訴えもしにくくなります。

3.即日(希望日)に辞められる

法律上、可能な日に辞めることができます。最短では即日退職することも

 

やはり自分1人でするために知識やノウハウを取得するよりも、このようなサービスを利用するほうが時間的にも効率がいいと言えます。

 

退職代行サービスのデメリット

1.費用がかかる

当たり前ですが、費用がかかります。

相場は、約3万円~5万円程度。

 

自分で行った場合は当然かからない費用です。

ブラック企業からきちんと退職したいなどの理由から利用する人にとっては、費用対効果的に納得いきますが、ただ自分で言うのが嫌だという人はよく考えてからの利用をおすすめします。

2.少なからずリスクがある

会社から訴えられるリスクはありませんが、悪徳業者に引っかかるリスクや業者と会社とのトラブルに巻き込まれるリスクは存在します。

 

きちんとした退職代行サービス業者はこういったリスクはありません。

選ぶ際に注意していれば大丈夫です。

ヴァルボア
今回紹介した選び方のポイントや代行業者を参考にしてください。

まとめ:自分の状況に合った退職代行サービスを利用しよう

今回は、退職代行サービスについて紹介しました。

自分で辞めることを言わないでいい、法的手続きを代行してくれるサービスとしてはいいサービスです。

 

しかし、利用する際の注意点やリスクは存在します。その認識も重要です。

ポイント

  • 示談交渉などを含む退職になりそうなら弁護士(弁護士が運営する業者)に依頼
  • 一定のリスクもあることを認識しておく
  • 各業者で価格差は少ないので、料金比較の優先順位は低めで

 

今回の記事を参考に、自分に合った退職代行サービスを利用し、円満な退職をしましょう。

ヴァルボア
そして、新しい職場(生活)に進んでください♪
  • この記事を書いた人
ヴァルボア

ヴァルボア

ババロア好きのヴァルボアです。 メニエール病を克服。2度転職を経験した36歳のサラリーマン。 人生の楽しみ方を模索しブログ開設へ。今までの経験を糧に、いろいろ挑戦中。 自分の気持ちや生活力を上げていく「自分上々↑↑」というのをコンセプトにいろんな情報をブログを通して伝えられたらなと考えています!(^^)!

-自分磨き

© 2020 Powered by AFFINGER5