仕事の心構え

メモの取り方は簡単!整理グッズも使って効率よい仕事をしよう!【若手社会人必見】

悩んでいる人
仕事での、うまいメモの取り方がわかりません。

 

そのお悩み解決しましょう!
ヴァルボア

本記事の内容

  • メモを取る意味と必要性
  • ケース別効果的なメモの取り方
  • メモ関連便利グッズの紹介

仕事でのメモの取り方講座① メモの意味と必要性

まず、メモとはどういうことを指すのでしょうか?

 

メモとは、自分の成長や今後の行動のために物事を忘れないよう要点を書き留めること。備忘録を指します。

 

要点

ここで重要なのが、要点

単に、書類・ホワイトボードに書かれていることや他の人が言ったことを丸写しすることはメモとは言いません。

特に仕事を効率よくするためには、このことを意識しなければなりません。

 

ポイント

  • メモは丸写しではなく、要点を書くことを意識する

 

備忘録

もう一つの重要な意味として備忘録という点。

 

次の行動の道しるべとなる役割なのがメモ。

日時や場所はもちろんのこと、そのときの自分の思いや考えを後で自分が見てすぐにわかるようにしていなければなりません。

 

ポイント

  • 日時、場所そして自分の思いや考えをわかりやすく書く

 

もきゅ
メモの意味と必要性はわかったかな。

次からは、ケース別のメモの取り方について紹介するよ!

 

仕事でのメモの取り方講座② ケース別効果的なメモの取り方

1.研修や講義・セミナー

研修や講義・セミナーは、学習が主目的です。

自分磨きや成長するための大事な場であり、メモの取り方次第で効果が大きく変わってきます

 

ここがポイント

  • 講義の資料やホワイトボード・黒板に書かれたことは丸写ししない
  • 講義中では、理解が不十分だったところや重要なところについてメモをする
  • 後で自分が見て、わかりやすい書き方でメモをする

 

上記にも書きましたが、講義内容の丸写しはメモといいません

配布資料や最近では、タブレット(アプリ)を用いて簡単にホワイトボード等に書かれた内容もスキャンできたりもします。

 

丸写しするよりも、自分の講義中にわからないところや苦手と感じたところをチェックし、今後どう対処するかをメモすることが重要です。

講師のわかりやすい表現や自分なりに理解しやすい考え方を忘れないため、書き留めておくことも併せて重要です。

 

そして、何より後で自分で見たときにわかりやすいこと

文字のキレイさではなく、自分が読めたら大丈夫です。

極論、自分以外の人がわからなくてもO.K.

 

ヴァルボア
後で見て、自分でも読めないってことありませんか??

メモの意味がなくなってしまうから注意が必要だね!

もきゅ

2.会議・ミーティング

会議やミーティングは、様々な意見やアイデア、決定事項や目標があふれる場です。

 

短時間だったり、講義と違い会話やディスカッションがあるためスピードが重視されます。

 

ここがポイント

  • 会議、ミーティングはとにかくスピード重視
  • 飛び交う意見やアイデア、決定事項や目標をしっかりメモすること
  • 会議中に浮かんだ考えや発言、その発言に対する意見もメモすること

 

会議中に出された意見やアイデアはもちろんのこと、そこから生み出される自分の考えや意見もしっかりメモしときましょう。

また、自分の発言に対しての意見も貴重なもの。しっかりメモし、今後の改善や自身の成長に繋げましょう。

 

【あわせて読みたい関連記事】

仕事終わりに楽しく趣味をしよう!【選び方と5つのおすすめカテゴリー】

続きを見る

 

3.指示や伝言

上司からの指示を受けたときや同僚や後輩からの伝言を聞いた時にもメモは重要です。

 

メモを取らず、頭の中で覚えられる人でも、メモをとるという行為に意味があります

なぜかというと、

  • 相手を安心させる
  • 二重の備忘録

の意味合いから。

相手を安心させる

頭の中だけで覚えられても、相手にそれが伝わっているかは別問題。

しっかり相手に、「指示や伝言が伝わっているな。」と感じさせるのもビジネスマナーです。

 

二重の備忘録

いくら頭の中で覚えられると言っても、人間忘れることはあります。

そんなときにもう一度聞くこともできますが、それは信頼や自分の評価を下げてしまう行為になります

 

メモをとる重要性はこの点でも表れます。

手間と考えず、必要な行為であり、自分の信頼を守り、成長させていく大切な行為という意識を持ちましょう。

 

ヴァルボア
メモには様々な重要性や効果があります。
最後にメモをとることをサポートしてくれる便利グッズの紹介だよ♪
もきゅ

 

仕事でのメモの取り方講座③ メモを楽しくする便利グッズ

1.メモ帳 細罫ライティングパッド

 

Amazonベーシックのメモ帳。

12.7cm ✕ 20.32cmのシンプルなデザインのノートパッドです。

枚の12冊が1セットで、コスパも良く薄い罫線も使い勝手が良い商品です。

デザインも書くことができたり、様々なシーンで使えるのでおすすめです。

おすすめ度 

 

2.打ち合わせノート A5スリムメモ帳

 

ナカバヤシがインテリ芸人でもおなじみのお笑いコンビ「ロザン」と共同開発した打ち合わせ用ノート

ロジカル罫を使用しており、大小の文字や表をわかりやすく簡単に書くことができます。

サイズも絶妙で、50枚と使い勝手良く、打ち合わせには最適です。

おすすめ度 

 

3.ウェアラブルメモ バンドタイプ

 

ちょっと変わったバンドタイプのメモ帳。

普段から手に付けていれば、緊急時にもサッとメモをとることができます

防水仕様なところも〇。油性のペンでの使用で、消しゴムで消すことができ、何度でも使えます。

※ 手につけるバンドタイプのため、シーンを選びアレルギー体質の方は注意が必要です。

おすすめ度 

 

4.HOMESTEC  電子パッドメモ帳


HOMESTECの電子メモ帳。

8.5インチの大型タブレット型の電子ペーパーです。

削除ロック機能も付いており、間違って消えることもありません。

 

またマグネットも付いており、職場だけでなく、家庭でも冷蔵庫に付けたりして使用可能です。

おすすめ度 

 

まとめ

以上、今回は仕事でのメモの取り方について紹介しました。

 

メモの取り方次第で、仕事の効率や成果が変わります

 

メモの取り方まとめ

① メモは丸写しではなく、要点と備忘録として

② ケース(シーン)別で、メモの取り方を変える

③ 自身の成長や成果をあげるためのきっかけに

 

以上のポイントを意識し効果的なメモの取り方をマスターして、また楽しく快適にメモが取れる便利グッズを使って、日々の仕事を改善していきましょう。

もきゅ
僕も明日から実践するぞ~!
ヴァルボア
最後に、参考になったと思ってくれた方は、下の評価ボタンをクイックお願いします♪

 

【さらにレベルアップを目指す人へのおすすめ本】

メモの魔力 前田裕二さん著書

独自のメモの方法を紹介しつつ、その魔力的効果を解説。

今回紹介した基礎的方法からもう一歩上を目指したい人におすすめです。

  • この記事を書いた人
ヴァルボア

ヴァルボア

ババロア好きのヴァルボアです。 メニエール病を克服。2度転職を経験した36歳のサラリーマン。 人生の楽しみ方を模索しブログ開設へ。今までの経験を糧に、いろいろ挑戦中。 自分の気持ちや生活力を上げていく「自分上々↑↑」というのをコンセプトにいろんな情報をブログを通して伝えられたらなと考えています!(^^)!

-仕事の心構え
-, , ,

© 2020 Powered by AFFINGER5